アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
古代妄想京
ブログ紹介

このブログの趣旨は歴史の記録の中に残された痕跡を元に妄想を膨らませて遊ぶことです。
あくまでも想像の世界の領域であり、基本的の創作でることをご理解いただいた上でお読み下さい。
このブログに登場する人物、出来事、事象、妖怪、霊、精霊などの存在は私の創造であり想像です。
いかなるカルト宗教、霊媒師、霊能者を肯定するものではありません。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ニューワールド!1
「コホッ、コホッ」ジロー・マケイン牧師は軽い咳をした。 「大丈夫ですか牧師様、あまり無理をなされては体にさわります」 サー・トーマス・ナウリバー卿は心配そうに声をかけた。 トーマスは植民領スルガーの統治官であるナウリバーの一族である。 ここオワリーは統治官シバ家が管轄していたが、貿易の利益配分の問題で ナウリバー家と対立して抗争を起こした末敗北し、損害賠償として、この ナゴノー城および、その統治領をナウリバー家に割譲したのである。 ジローはその地区に設置されたプロテスタント教会の牧... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/04/05 07:38
ねこの戦い。
2006年10月15日 ねこの戦い。 迷彩による禁則がどうしても取れない場合があります。 呪術によって実際の歴史上の人物が妖怪や動物の姿で現れたり、 風景がまったく変わってしまったりして、実際に何が起こったかわからなくする 結界です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:37
歴史の泉(古代史)
歴史の泉(古代史) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:34
− タイトルなし −
2014年03月25日 過去の経緯がごっそり削除されています 「猫の戦い」について調べてほしいとのご依頼があったので、 過去の記事を参照したのですが、私が独立党とその支持者から脅迫を受けた 経緯、コメント欄の脅しや脅迫の数々がすべてごっそりと削除されています。 それだけは絶対に自分で削除することはありません。 ほかにもブログでもっとも人気があった信長関連の記事がすべてごっぞりと 削除されていて驚愕しました。 わたしは、一時、とっぽさんの知り合いという霊能者という方に 勧めら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:33
般若心経は退魔経ではない
2014年03月02日 般若心経は退魔経ではない ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:32
鬼に金棒と言うけれど
2013年3月11日 鬼に金棒と言うけれど ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:31
勝ちに不思議の勝ちあり負けに不思議の負けなし
2013年03月04日 勝ちに不思議の勝ちあり負けに不思議の負けなし 妖刀村正というのがあります。 徳川家康の父と祖父が切られた刀が村正だったから 忌み嫌われたという事になっています。 でも、なぜ、こんな偶然が続いたのでしょうか。 村正は伊勢を中心として生産された刀であり、 大量に東海地方に流入していました。 そして松平家でも非常に多くの者たちは村正を使用していたのです。 かの本多忠勝の持っていた槍、蜻蛉切も村正の作です。 つまり、これは現代で言うなら交通事故死した人物の使っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:30
高田康利氏の著書
2011年06月18日 高田康利氏の著書 今、高田康利氏の古代史に関する著書を読んでいるんですが、 この方の説ですと、日本総鎮守である大三島、大山祇神社のご祭神である 大山祇命の本当の御本社は播磨国の稲爪神社であるということだそうです。 古文書などを編纂し、調査した結果、そういう結論に達したということで、 大変興味を惹かれました。 私独自に調べた状況ですと、播磨国賀茂郡辺りに本来の御本社があったのではないかと 考えています。 そして、元々稲爪神社は伊和都比売命がお祀りしてあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:27
オバケは怖いか?
2010年11月08日 オバケは怖いか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:27
久々の平家さん
2010年01月29日 久々の平家さん ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:25
みなまで言うな
2009年04月29日 みなまで言うな 久々に霊的な話を書きます。 前に東京の神田明神にお参りに行ったとき、 神社に参拝して「お金儲けがうまくいきますように。」とお祈りしたことが あります。 そうしたら「みなまで言うな」と声が帰ってきました。 つまり、お前が正しい信仰をしており、神を敬っているならば、 神は何も言わなくてもお前を良い方向に導いてくださる。 しかし、たとえば大金持ちにすることがお前にとって良いことではなく、 大金持ちになって体を壊したり、欲にかられて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:24
実際は真面目な田舎の青年が強い
2009年04月20日 実際は真面目な田舎の青年が強い 昨日はいろいろ考え込んでしまいました。 不良なんか強くない、実際の兵隊は真面目な田舎の青年のほうが強い、 というコメントでの指摘がありましたが、それは事実だと思います。 これは理屈や資料で論破したところで、実際に戦った感想というのは うごかしがたいものがありますからね。 私は、戦争に行ったことがないので、その実戦感覚はわかりません。 しかし、商業の世界や、カルト宗教との戦い、いじめ解消の問題や 人権問題、鬱の人の社... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:23
江原啓之さんについての質問
2009年01月22日 江原啓之さんについての質問 友人の美剣さんから江原啓之さんについての質問をいただきました。 江原啓之さんの霊力が最近弱まってきているのではないかということです。 最近、江原啓之さんについては書いていませんでしたし、 本当はあまり触れたくなかったのですが、 友人の頼みとあっては聞かなくてはなりません。 霊的な力というのは、微弱な電波を受信するようなものです。 広く感性をとぎすまし、感受性を最大限に開放して本当に微弱な意思を 受け取ります。 そこまで感受性... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:22
鎮魂の祈り
2007年06月21日 鎮魂の祈り 12. Posted by ぐり〜ん 2013年11月04日 15:53 >人間、うまくいきはじめたら、 >いい方向に歯車がうごきはじめたら、 >それを邪魔しようとする勢力が出てくる。 >それを跳ね返して、良い方向に進んでこそ、本当に物事が良い方向に進んでいくんですね。 >だから、物事が好転するには、 >障害がつき物なんですよ。 >それが、超えるべき壁なんです。 >それは、私でも、同じで、 >何度も壁に押しつぶされそうになりました... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:20
一般人の除霊のやり方。
2007年06月03日 一般人の除霊のやり方。 今日の昼間、神社にお参りしたとき、除霊の仕方が頭の中に浮かびました。 お経を読むとか、呪文をとなえて、霊をやっつけるのではないそうです。 「良いことをする。」 目からウロコが落ちました。 困っている人がいると、手助けする。 ちょうど、電車にのるとき、目の見えない方がいらしたので、 自分の腕を持ってもらって、誘導して、一緒に電車に入りました。 それと、神社で、赤ちゃんのお祓いをしてもらっている方がいて、 お父さんが写真をとっていた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:19
神社参拝
2006年11月14日 神社参拝 昨晩、守護霊さまの交代がありました。 夢の中で、「新しく配置転換だから」と言われ、 夢の中でお参りにいきましたら、 大己貴神のご眷属、少彦名神のご眷属のようです。 最近、仕事がお留守になっているせいか、大己貴神のご眷属は寝ておられました。 少彦名神のご眷属はブログ担当らしいです。 (笑ってはいけません) さっそく、「君、ちゃんと名札をつけて、服装がみだれているぞ」と ご指導を受けました。 これは隠喩的表現で、ブログのな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:18
自殺について
2006年11月09日 自殺について いつも私のところにトラックバックを張ってくださる湖南さんの ブログにイジメについての記述があったので読んでみました。 最近イジメ自殺が問題になっている。 昨日のオーラの泉を見ていて気になったことは、 昨日のゲストの沢村一樹さんが前世で自殺なさっているとのこと。 補足しておかねばならないことは、沢村一樹さんはその前の 前世で行者として、何百人もの死にそうな人の命を助けていること、 元来、それだけの神通力の蓄積があったこと、 あえて、その高... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:17
霊力カスカス
2006年11月07日 霊力カスカス さすがに、最近力を使い果たしたので、 楽をしようと、インターネットで調べて書いてみました。 結果、大はずれです。 霊力を使わず、儒教について書いたことも認識不足で、 秦帝国とキリスト教について書いたことも、 時系列が違っているようです。 やはり、インターネットじゃだめなのか・・・・・・。 反省するために、読み返してみると、たしかに、 インターネットで調べても掲載されていないような 内容ばかりですね。 ネット検索は楽でいいんですが。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:14
単独行動と二人組み
2006年11月06日 単独行動と二人組み 鴨は鉱山開発のために、広く世界から霊能者を集めました。 広くといってもアジア地域ですが。 そして、霊能者を集め、より精度の高い探索技術の向上の ための研究開発を行ったようです。 そこで、みるのが雲と雷です。 鉱山のある山の上には雲のような気が発生するといいます。 それは、霊能者のみに見えるもので、一種のオーラのような ものだったようです。 新羅地域の朝鮮人参を探索する霊能者などが目をつけられ、 多くが招かれたようです。 当初、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:09
さにわ
2006年11月06日 さにわ 私は結構、憑依体質のわりには、幽霊とか見えないんですね。 それらしいものをみたのは、17歳の頃、見よう見まねで 行者さんの九字印を練習していると、目の前に ボワーっと白い人形の霧みたいなのが現れてビックリしたこと。 旅行に行ったとき、影みたいなのにのしかかられて、 持っていたお守りをたたきつけたら砕け散ったこと。 この2回くらいです。 そのほかはもっぱら夢です。 あとは、なんとなく、頭に浮かぶ言葉などを書いているだけ。 それにしても、誰かが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 08:08

続きを見る

トップへ

月別リンク

古代妄想京/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる